2019年10月19日

「車いす席でのサッカー観戦」実証実験

「車いす席でのサッカー観戦で、ご家族・ご友人と特別な体験をしませんか?」 10/19(土)明治安田生命J1 第29節 川崎戦にて車椅子実証実験参加者募集
https://www.gamba-osaka.net/homegame/news/no/10245/

「車いす席でのサッカー観戦」実証実験

当選して、『募集(2)「パナスタ車いす席と特別サービスを体験」』に参加した!

東口駅からパナスタの道中と、観戦前後に助けあいアプリ「Mayii」を使い、入場時にはゲート1横のスロープをロボティックモビリティ(安全機能付きロボット電動車いす)体験するというもの。

「車いす席でのサッカー観戦」実証実験

ロボティックモビリティは、パナソニックの方によるリモート操作。
自分は乗っているだけ。
スロープを上りきったら終了。
数分程度では評価し難い。もっと乗りまわしたかったなぁ。

乗り心地はいい。
手元にスマホが装着されていた。ナビの役割なんやろな。
めっちゃ便利そう。自動運転、体験してぇ!
商品化されたらお高そう。。


助けあいアプリ「Mayii」は、「サポートされたい」「サポートしたい」の二者をマッチングして、外出時の困りごとを解消するシステム。

2018年の夏に、大阪駅で参加したマッチング行動支援「&HAND/アンドハンド」の進化系。


目的地が「パナスタ」だから、サッカー観戦者同士で依頼しやすかった。

登録数が増えていけば、そこかしこで助け合いが生まれるはず。
どんどん普及してほしい。

助けあいアプリ「Mayii」 https://mayii.jp/


付き添い席も含めると国内最大の車椅子席を誇るパナスタ。
でも多くても利用は100席ほど。
車椅子ユーザーの来場者数を増やしたい思いで、今回の実証実験が企画されたそう。

「車いすで仲間と一歩外へ」を始動、サッカー観戦における車いす席の稼働率を高める取り組みを実施
https://news.panasonic.com/jp/topics/167004.html


・最寄駅から少し距離がある。
・入場時のエレベーターが1箇所だけ。

この2点がネックになっている側面もあると思うけど、今日のような取り組みが回を重ねていけば「パナスタ最高!」ってゆう口コミはもちろん、ガンバ側のアクセシビリティ意識も高まってくるんじゃないかな。

エレベーター増設や、導線の向上につながればいいし、サポーターの優しさも広がっていけば嬉しい。


こちらもいい取り組み。

10/19(土)明治安田生命J1 第29節 川崎戦より障がい者割引(キャッシュバック)にスマートフォン向け障害者手帳アプリ「ミライロID」追加のお知らせ
https://www.gamba-osaka.net/homegame/news/no/10308/
https://www.mirairo.co.jp/press_release/post-13261




試合結果
https://www2.gamba-osaka.net/game/2019/554.html




倉田選手が心配。大事ありませんように。

セットプレーが淡白に見えた。
ラストのフリーキック、もう少し丁寧に精度高くできたら勝ち越せたかも。

勝ち点1を掴んで9位に浮上。

負けないことが大事!


残り5試合。

11/3(日 祝) 第30節 VS 湘南(BMWス)
11/10(日) 第31節 VS 大分(大銀ド)
11/23(土 祝) 第32節 VS 仙台(パナスタ)
11/30(土) 第33節 VS 松本(パナスタ)
12/7(土) 第34節 VS 浦和(埼玉)

「車いす席でのサッカー観戦」実証実験




カメラ facebookページに観戦アルバム音符

ガンバ応援 From 北摂

Facebookページ









にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
にほんブログ村






 タグ検索: "観戦"などなど     YouTube
同じカテゴリー( 観戦した♪)の記事画像
フライデーナイトJリーグ
GAMBA EXPO 2019
清水戦
FC東京戦
神戸戦
2018J1ホーム最終戦
同じカテゴリー( 観戦した♪)の記事
 フライデーナイトJリーグ (2019-10-05 19:04)
 GAMBA EXPO 2019 (2019-08-19 13:35)
 清水戦 (2019-07-14 11:52)
 FC東京戦 (2019-05-05 11:25)
 神戸戦 (2019-03-31 12:05)
 2018J1ホーム最終戦 (2018-11-25 14:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。